これで清潔感をキープ!自分でできるスーツのメンテナンス法を紹介します!


洋服ブラシはブラッシングの向きがポイント

男性の方々は、手持ちのスーツにどのようなメンテナンスを施しているでしょうか。冠婚葬祭用のたまにしか着ないスーツであれば、その都度クリーニングに出すことが推奨されますが、仕事で頻繁に着るスーツには洋服ブラシを活用することで、ある程度の清潔感を保つことができるのです。洋服ブラシはブラシを当てる方向が重要になります。最初はスーツの下から上に向かってブラシを当てていきましょう。繊維の中に入り込んだホコリが浮き上がってきますよ。そして次に上から下に向かってブラシを動かしてください。そうすることで浮き上がったホコリをキレイに除去することができます。2日着用したら洋服ブラシを1回当てるくらいのペースでメンテナンスをしていれば、クリーニングを1シーズンに1~2回の頻度に抑えられるのです。

アイロンスチーマーとスーツリフレッシャーも使おう

スーツの背中部分にできてしまったシワも、アイロンスチーマーを使って蒸気を当てれば、セルフメンテナンスで十分にシワを解消することができます。シワがくっきりとついてしまった場合には、湿度の高い浴室に1時間ほど掛けておいたうえでアイロンスチーマーを当てると、シワが消えやすくなりますよ。夏場はスーツから漂うニオイが悩みの種になりがちです。この悩みにはスーツリフレッシャーと呼ばれる衣類用の消臭剤を吹きかけることで、ニオイを軽減することができます。微香タイプのスーツリフレッシャーを使えば、ニオイを軽減するだけでなく、ほのかないい香りも残してくれますよ。愛用のビジネススーツには、今回紹介したアイテムを使ってしっかりとメンテナンスをしてあげましょう。

agaを横浜とは、男性特有の脱毛症に悩まされる方に、治療を施すことができる場所は横浜にも設けてあることを指しています。

NEW
抜け毛の横浜