どんな経営者を目指せばよいのか!?優れた経営者の特徴とは


人がいいだけでは有能は経営者とは言えない

経営者はときに冷徹になる必要があると言われています。人のいい経営者は万人から好かれ、大きな結果を出せると考えるかもしれませんが、実際は真逆の傾向があります。例えば、従業員から給与を上げてほしいと言われて、それにすべて応えていれば赤字になってしまうリスクがあるわけです。従業員を守るためには、まずは会社を存続させることが重要になるので、経営者はときに難しい判断を迫られることがあります。従業員と経営者の溝を埋めるためには、両者がどこで折り合いをつけるかが重要です。優れた経営者の特徴は決断力に長けていることで、苦渋の決断を迫られたときに真価を発揮します。経営は決断の連続ですから、決断力がそのまま事業成績にも影響してくるのです。

嫌われてもよい心構えを持つこと

経営者としての資質を高めるには、嫌われることが重要です。誰からも嫌われたくないと考えていると、必然的に八方美人になってしまいます。何をするにも周りの顔色を伺っていれば、いざという場面で決断ができなくなります。嫌われるというのは、決して悪人になるという意味ではありません。常に会社にとって有益となる選択ができるかどうかという意味です。優れた経営者を目指すためには、尊敬する経営者の真似をするという方法があります。ここで大切なのは実際に結果を出している経営者を参考にすることです。人格がどんなに優れていても、赤字続きの会社の経営者を参考にしてはいけません。経営者に求められるのは、自社の永続的な黒字を実現することです。

会員制医療倶楽部に入ると、健診が身近なものになり健康意識が高められます。また何か病気が見つかった時も、最適な治療が受けられるよう医師を紹介して貰えるため安心です。